Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PwCサイバーサービスが設立 - インシデント対応を支援

PwCサイバーサービスを設立し、11月1日より業務を開始した。脅威情報の提供やインシデント発生後の早期復旧サービスなどを中心に事業を展開していく。

同社は、プライスウォーターハウスクーパースの「スレットリサーチラボ」を前身とした新会社。同社代表執行役にプライスウォーターハウスクーパース代表取締役の鹿島章氏が就任。星澤裕二氏が最高執行責任者、名和利男氏が最高技術顧問を務める。

具体的なサービスとしては、インシデント発生時の復旧を支援する「インシデントレスポンスアドバイザリサービス」を提供。また脅威や脆弱性の情報提供のほか、マルウェアの感染状況や侵入経路を把握し、駆除する「リアルタイムインシデントレスポンスサービス」を提供する。

今後は、PwCのグローバルネットワークで提供しているサイバーセキュリティサービスなども、国内で展開していく予定。今後3年間に約50名まで人員を拡充し、年間売上高10億円を目指す。

(Security NEXT - 2015/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
金融業界の横断的演習「Delta Wall V」を実施 - 金融庁
関連インシデントもわかる情報リテラシー啓発資料 - ラック
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
脅威ハンティングサービスを開始 - NTTデータ先技
インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏