Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PFU、攻撃者の行動から標的型攻撃を検知する新技術

PFUは、ネットワーク内部における攻撃者の行動から標的型攻撃を検知するあらたな技術「Malicious Intrusion Process Scan」を開発した。

同技術は、マルウェアそのものの振る舞いではなく、組織内部のネットワークへ侵入してから情報を窃取する標的型攻撃の一連のプロセスから攻撃を検知するもの。

同社では、侵入直後からの攻撃行動の流れを「攻撃者行動遷移モデル」として独自に構築。標的となる端末の通信を常時監視することで攻撃を検知する。通信状況から判断するため、端末へエージェントを導入する必要はないという。

(Security NEXT - 2015/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
米子会社に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 東京化成工業
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
メール訓練のノウハウをまとめた手引書を公開 - NCA
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
Facebookビジネスアカウントの乗っ取り攻撃 - LinkedInで攻撃対象を物色
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
2021年度下半期、標的型攻撃対応で62件の緊急レスキュー実施
セキュリティ対策に貢献した研究者や実務者に感謝状 - JPCERT/CC