Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「iOS 9.1」を公開 - 脆弱性49件を解消

Appleは、「iPhone」や「iPad」をはじめとする同社スマートデバイス向けに最新OS「iOS 9.1」をリリースした。不具合の修正やパフォーマンスの向上のほか、CVEベースで49件の脆弱性を解消している。

同社は米国時間9月16日にメジャーバージョンアップとなる「iOS 9」を公開し、101件の脆弱性を解消。さらに9月30日には、セキュリティアップデート「iOS 9.0.2」を提供している。

今回公開した「iOS 9.1」では、さらに49件と多数の脆弱性に対処。悪意あるアプリケーションによって任意のファイルを上書きできる「CVE-2015-6983」や証明書処理の「CVE-2015-6999」などセキュリティに関する脆弱性3件や、サービス拒否や特権の昇格が生じるカーネルの脆弱性3件を解消。

細工されたファイルを開くとメモリ破壊が生じ、コードを実行されるおそれがあるフォント処理の脆弱性12件やWebKitの脆弱性9件のほか、通話や通知センター、画像処理などの脆弱性に対処した。またこれら脆弱性以外にも、不具合の解消やパフォーマンスの改善などを実施している。

(Security NEXT - 2015/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
「vROps Manager」の深刻な脆弱性 - 実証コードも確認
「VMware vRealize Operations」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開