Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、ゼロデイ攻撃発生中のFlash脆弱性へ緊急対応

Adobe Systemsは、「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデート「APSB15-27」を公開した。ゼロデイ攻撃が生じている脆弱性を解消した。

20151018_as_001.jpg
ゼロデイ脆弱性を解消した「APSB15-27」(画像:Adobe Systems)

同アップデートは、すでに悪用が確認されている「CVE-2015-7645」を含む3件の脆弱性を修正するアップデート。すべてのプラットフォームが影響を受ける。

同社は10月13日にアップデート「同19.0.0.207」を公開したばかりだが、公開からわずか3日であらたなアップデートを公開することとなった。

「同19.0.0.207」では、「CVE-2015-7645」が存在し、ゼロデイ攻撃が発生しているとして、米Trend Microが同社へ報告していた

Adobeでは「Windows」「Mac OS X」および「Microsoft Edge」と「Internet Explorer」の同梱版に対して「同19.0.0.226」、「Chrome」に関しては「同19.0.0.225」を提供。また最新版へアップデートできないユーザーに対しては、延長サポート版「同18.0.0.255」を用意。Linux向けには「同11.2.202.540」を公開した。

適用優先度は、「Windows」「Mac OS X」およびブラウザ同梱版については、72時間以内のアップデートを推奨する3段階中もっとも高い「1」に指定。Linux版については2段階低い「3」にレーティングしている。

同社が修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2015-7645
CVE-2015-7647
CVE-2015-7648

(Security NEXT - 2015/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
「Exchange Server」のゼロデイ脆弱性、月例パッチで修正 - 他脆弱性にも注意
「Exchange Server」のゼロデイ脆弱性、10月定例パッチに修正含まれず
米政府、中国関与のサイバー攻撃者が悪用する脆弱性のリストを公開 - 国内製品も
「Apache HTTP Server」のゼロデイ脆弱性、国内でも攻撃を観測
わずか3日、「Apache HTTPD」が再修正 - 前回修正は不十分、RCEのおそれも
「Exchange Server」ゼロデイ脆弱性、緩和策も刻々変化
「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
米政府の悪用済み脆弱性リスト、あらたに12件を追加