Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ガイド「やられたかな?その前に」を公開 - ISOG-J

日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)は、セキュリティ事業者への問い合わせや相談をスムーズに進めることを目的としたガイド「やられたかな?その前に〜『やられてる!』と思ったら〜」を公開した。

20151016_js_001.jpg
ガイド「やられたかな?その前に」

同ガイドは、外部のセキュリティ事業者に相談する際に、事前に確認しておくべきことを問診票の形式でまとめたもの。サイバー攻撃や標的型攻撃に対する漠然とした不安があるなかで相談する場合に、自社の状況を確認して不安の原因を見極めておくことで、スムーズに相談を進めることを目的としている。

問診票では、22の質問を用意。相談の経緯から症状の詳細、現在の管理状況、社内の組織体制にくわえ、情報処理推進機構が定める「10大脅威 2015」に対する基本対策についての質問に答えることで、社内の現状や相談内容を明らかにする。

ガイドでは、記入例のほか相談後の流れやその後の対策についても紹介しており、読者や企業のセキュリティ対策向上が期待できるとしている。

(Security NEXT - 2015/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
2020年上半期の標的型攻撃は3978件、前年同期の約1.5倍に - 警察庁まとめ
金融業界の横断的演習「Delta Wall V」を実施 - 金融庁
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
セキュリティ啓発で警視庁と小島よしおさんがコラボ
8月のDDoS攻撃、件数は低水準だが長時間にわたる攻撃も - IIJ報告
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に