Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ガイド「やられたかな?その前に」を公開 - ISOG-J

日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)は、セキュリティ事業者への問い合わせや相談をスムーズに進めることを目的としたガイド「やられたかな?その前に〜『やられてる!』と思ったら〜」を公開した。

20151016_js_001.jpg
ガイド「やられたかな?その前に」

同ガイドは、外部のセキュリティ事業者に相談する際に、事前に確認しておくべきことを問診票の形式でまとめたもの。サイバー攻撃や標的型攻撃に対する漠然とした不安があるなかで相談する場合に、自社の状況を確認して不安の原因を見極めておくことで、スムーズに相談を進めることを目的としている。

問診票では、22の質問を用意。相談の経緯から症状の詳細、現在の管理状況、社内の組織体制にくわえ、情報処理推進機構が定める「10大脅威 2015」に対する基本対策についての質問に答えることで、社内の現状や相談内容を明らかにする。

ガイドでは、記入例のほか相談後の流れやその後の対策についても紹介しており、読者や企業のセキュリティ対策向上が期待できるとしている。

(Security NEXT - 2015/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
IPA、サイト脆弱性対策ガイドを改訂 - 一見問題なくとも脆弱性対策を
DDoS攻撃の踏み台となる「NTPサーバ」の探索行為が増加
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
国内ではブラウザ上でのマルウェア検知が7割超 - ESET
CEO半数弱が「サイバー攻撃の脅威」に懸念 - PwC調査
「サイバー防衛シンポ熱海2020」が開催 - チケット販売まもなく終了
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超