Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、HPとサイバー脅威情報を共有

日立製作所は、米Hewlett-Packardとサイバー空間上の脅威データについて情報共有を図り、脅威の検知や分析能力の向上を図る。

同社は、社内にCSIRT組織である「HIRT」や「HIRTラボ」を設置し、脅威動向を共有するしくみをこれまでも構築してきたが、脅威情報の共有プラットフォーム「HP Threat Central」を運用するHPと協業することで、グローバルにおける情報システムへの脅威や攻撃手法といった情報の共有を推進する。

具体的には、脅威情報構造化記述形式「STIX」や、検知指標情報自動交換手順「TAXII」に基づき、脅威や攻撃手法、攻撃対象などのデータを共有。今後は共有したデータの活用に向けて技術や実務面において課題を検討していく。

(Security NEXT - 2015/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
TMI P&Sと東京海上日動、サイバーリスク保険分野で提携
サイバー保険付帯した新規開業税理士向け業務ソフト - エプソン
外部委託先のサイバーリスクを診断するサービス - GRCS
インフォセックとBureau Veritas、海事産業分野のセキュ事業で提携
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
TMI P&S、セキュリティ対応サービスで2社と協業
富士通とUpstream、コネクテッドカー向けセキュリティで協業