Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が住基台帳や課税台帳などデータ18万件を持出 - 西原村

熊本県西原村の職員が、住民基本台帳や課税台帳などの行政データを自宅のパソコンやハードディスクに保管していたことがわかった。現時点で外部流出は確認されていないという。

同村において行政情報の取り扱いについてチェックを行ったところ、職員が個人のハードディスクにデータをコピーし、自宅へ持ち出していたことが判明したもの。職員は、「業務のためとデータ分析への興味から収集した」と話しているという。

これまでの調査で、住民基本台帳や県村民税課税台帳、生活保護受給者名簿など住民の個人情報含むデータ18万件が持ち出されたことが判明した。外部流出は確認されていない。

同村では職員のパソコンとハードディスクを押収し、解析を行っている。今回の問題を受け、職員の意識向上やセキュリティ対策を講じる。

(Security NEXT - 2015/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
従業員が個人情報約5000人分を持ち出し、外部提供 - 東急コミュニティー
九大職員が無許可ファイル持出、転職先で外部公開 - 意図しない機密情報も
飲酒後帰宅途中に眠り込み児童相談の個人情報を紛失 - 東京都
入試関連の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 立教大
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか
楽天モバ、従業員逮捕でコメント - 営業秘密利用は未確認