Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む年金関連書類が所在不明 - 国民年金基金連合会

国民年金基金連合会より個人型確定拠出年金の届書入力業務を請け負っていた熊本県国民年金基金において、個人情報含む書類256件の紛失が発生した。

2015年3月まで各国民年金基金に委託されていた個人型確定拠出年金の届書入力業務を、国民年金基金連合会が実施するのにともない、過去の届書を同連合会に移管。9月24日、その作業の過程で所在不明となっていることが判明した。

紛失したのは、2002年1月から2004年12月までの間に受け付けた256人分の個人型確定拠出年金加入申出書、および添付書類。氏名や住所、生年月日、基礎年金番号、口座番号などが記載されていた。

熊本県国民年金基金では、事務所移転の際、誤って廃棄した可能性が高いとしており、不正利用は確認されていない。同連合会では、対象となる加入申出者に説明と謝罪を行う。

(Security NEXT - 2015/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

書類を誤送付、宛名シールのミスに気づかず - 広島銀
ランサム被害で個人情報流出の可能性、データは復元 - JA大潟村
個人情報含む書類を自宅に持ち帰り、職員を懲戒処分 - 牟岐町
メール通知サービスで個人情報が閲覧できる脆弱性 - 第一生命
職員の退職関連書類が所在不明に - 東京都
預かった保管文書が箱ごと所在不明に - 丸和運輸機関子会社
受給者約97万人分の年金振込通知書に別人の情報 - 日本年金機構
メディア宛メールで誤送信、宛先にアドレス記載 - GPIF
保育施設保護者向け書類を誤配布、国保免除申請書の紛失も - 高槻市
個人情報の関連事故10件を公表 - 大阪市