Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が行政文書をデータや紙で不正持ち出し - 三浦市

神奈川県三浦市は、職員が個人情報含む行政文書を不正に持ち出し、自宅の個人パソコンなどに保管していたことが判明したとして謝罪した。外部流出については否定している。

同市によれば、同市では職員に業務用としてセキュリティ機能を搭載するUSBメモリを貸与していたが、同職員が私的に使用し、庁舎のパソコンから自宅のパソコンやハードディスクにデータをコピーしていたという。また紙文書についても原本とコピーを自宅に持ち帰っていた。情報の外部流出は確認されていない。

今回の問題を受けて同市は謝罪。全容解明に向けて調査を継続する。また庁舎内で使用しているUSBメモリを回収した。

(Security NEXT - 2015/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
敬老祝金贈呈調書が所在不明に - 静岡市
派遣職員が個人情報を持ち帰り、廃棄か - 可児とうのう病院
海外出張先で個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - 金沢大
学生情報含むUSBメモリを紛失、ファイルにはパスワード - 名大
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
孫のパスポート代理申請で個人情報を持ち出し - 熊本市
顧客情報約250万件含む磁気テープを紛失 - みずほ総研
施設指定管理者がメルアドリスト持出、リスト宛に誤送信 - 横浜市
業務データ持ち出し、教委職員を懲戒処分 - 美幌町