Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SJNK、「サイバー保険」を発売 - 営業継続費用もカバー

損害保険ジャパン日本興亜(SJNK)は、サイバー攻撃のリスクに備える「サイバー保険」を10月1日より販売開始する。

同サービスは、サイバーセキュリティに関連した事故を包括的に補償する損害保険。マイナンバーの漏洩にも対応するほか、海外で提起された訴訟も補償の対象となるという。

損害賠償や訴訟費用のほか、情報漏洩への対応費用や原因調査費用、再発防止対策の実施費用などを支払うとしており、損害の拡大防止費用として社告や被害者への書面を作成する費用、弁護士の相談費用、コールセンターの設置費用なども含まれる。

IT関連機器の停止による逸失利益や、営業継続費用などもカバー。事故発生時には、業者を紹介する「緊急時サポート総合サービス」を提供する。

(Security NEXT - 2015/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
中小企業向け「サイバーセキュリティお助け隊サービス」に新サイト
「LIQUID eKYC」、「収入証明書」や「健康診断書」の撮影に対応
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
eスポーツ主催者向けに保険、サイバー攻撃にも対応 - 東京海上日動
TMI P&Sと東京海上日動、サイバーリスク保険分野で提携