Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正広告経由で脆弱性攻撃サイトに900万件のアクセス

不正サイトへ広告経由で誘導されるケースが報告された。トレンドマイクロの調査では、約50日間で国内から900万件以上のアクセスがあったという。

同社が脆弱性を攻撃するサイトへの誘導経路を調べたもの。7月以降に同社が確認した攻撃サイト29件への誘導経路のうち10件で不正な広告が利用されていた。

海外のホスティング業者4社が管理する6件のドメインにホストされた複数の広告コンテンツが誘導経路で、これらは正規広告に対する侵害により生じたものなのか、攻撃者が出稿したものか、詳細はわかっていないという。

トレンドマイクロの調査では、広告がアドネットワーク経由で配信されており、少なくとも600の正規サイトへ広告が配信された可能性があるという。これらの不正広告をホストした7件のサーバに対し、7月1日から8月21日の間にかけて国内から900万件以上のアクセスがあった。

こうした攻撃を通じて最終的に感染するマルウェアの41%が「Zeus」などオンラインバンキング向け詐欺ツール、26%が「Crypwall」などのランサムウェアで、金銭を目的とした攻撃であると分析。脆弱性を狙った攻撃の場合、ゼロデイ攻撃以外は最新の状態へアップデートすれば攻撃を防御できるとして、更新を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正