Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マクニカネット、米Taniumの脅威検索製品を取扱開始

マクニカネットワークスは、リアルタイムにエンドポイントの端末情報を収集し、脅威を検索する米Taniumのソフトウェア「Tanium Platform」の取り扱いを開始した。

同製品は、エンドポイント間で情報を伝達するリレー方式により、端末情報を収集し、セキュリティ機器の情報などとあわせてマルウェアの感染端末を特定できるソリューション。感染端末の隔離やプロセス切断、ファイル削除などにも対応する。

また脅威の検知に限らず、パッチの適用やソフトウェアのインストール情報なども把握することが可能で、コンプライアンス対策としても活用できるという。

(Security NEXT - 2015/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「FireEye」が「Mandiant」に社名変更 - クラウドプラットフォームに注力
IoT機器の脅威管理技術で共同研究 - ラックと長崎県立大
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も