Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、法人向けメールセキュリティ製品に新版

カスペルスキーは、法人向けメールセキュリティ製品「Kaspersky Security for Linux Mail Server 8.0.1.721」を提供開始した。

同製品は、スパムやマルウェアが添付されていたり、危険なサイトへ誘導するリンクが記載されたメールを遮断するLinuxおよびFreeBSD向けのメールセキュリティソリューション。管理コンソールから複数のメールサーバーの保護ステータスを監視することが可能。

最新版では、コンテンツフィルタリング機能を強化し、添付ファイルの削除に対応した。バックアップした複数のメッセージを一括配信できる。

また「CentOS 7」「Red Hat Enterprise Linux 7」「SUSE Linux Enterprise Server 12」「FreeBSD 9.3」「同10.1」へあらたに対応した。10ユーザーで利用した場合の価格は、3万0132円から。

(Security NEXT - 2015/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
カスペがiOS向けにセキュアプリ - フィルタリングや情報流出の確認機能
DMARCレポート解析サービスに通報機能を追加 - TwoFive
ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
フィッシングメールを演習用ひな形に変換する新機能 - KnowBe4