Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6支店で顧客情報2万件超の紛失が判明 - 近畿労金

近畿労働金庫は、6支店において、顧客情報が記載された書類の紛失が判明したと発表した。

全店舗を対象に保管書類の一斉点検を実施したところ、旧支店を含む6支店において紛失が判明したもの。旧堂島支店において「共済還元金リスト」約7100件が所在不明となっているほか、吹田支店で「一斉積立処理依頼書」約6500件、梅田支店で「伝票綴り」約6400件などの紛失が判明した。件数が特定困難なケースもあるという。

紛失した書類は7種類で、含まれる顧客情報は書類によって異なるが、氏名や住所、電話番号、生年月日、口座番号、勤務先などが記載されていた。

いずれも、保管期間が終わる前に誤って廃棄した可能性が高いとしている。不正利用に関する報告も寄せられていない。

(Security NEXT - 2015/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

府立高校で1クラスの出席簿を紛失 - 大阪府
教委職員が個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 大阪市
採用応募書類など含むUSBメモリが所在不明に - 国立天文台
21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金
修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
授受の過程で介護保険関連書類が所在不明に - 川崎市
高等看護学院で試験の答案用紙が所在不明に - 埼玉県