Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 10」へのUG前に動作環境チェックを - 利用不可のネットバンクも

マイクロソフトでは、最新OSとなる「Windows 10」を7月29日より提供する予定だが、アップグレード前に利用環境のチェックは必須だ。ウェブサービスなども利用できなくなる場合もある。

たとえば、オンラインバンキングサービス。金融機関によっては、「Windows 10」の動作確認を終えていないとして、利用を控えるようアナウンスしている。

特に地銀や信用金庫、信用組合などにおいて、アップデートを控えるようアナウンスしているケースが目立つ。非推奨とするだけでなく、「利用できない」と明示している金融機関もある。

メガバンクなどの場合、個人向けサービスでは特にWindowsのバージョンでは制限せず、「Internet Explorer」のバージョン次第では利用できるところもあるようだ。しかし、同じ金融機関であっても、ビジネスユーザー向けのシステムでは「非推奨」としているケースもある。

また「Windows 10」に対応している場合も、新ブラウザ「Microsoft Edge」が推奨環境に入っていない場合がほとんど。金融機関が掲載している利用環境や、アナウンスをしっかり確認しておくことが重要となる。

もし非対応としている場合は、アップグレードの延期を検討する必要があるだろう。日本マイクロソフトでは、サポート情報として「Windows Update」経由の無償アップグレードを抑止する方法を紹介している。

またこうした混乱が生じている状況下では、混乱に便乗したサイバー攻撃にも注意を払いたい。

金融機関のアナウンスを装い、標的型メールやフィッシングメールが届くといった可能性も否定できない。リンク先へ誘導したり、添付ファイルを開かせるメールには、これまで同様警戒してほしい。

(Security NEXT - 2015/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
クラウドデータ消失の「ふくいナビ」、バックアップ判明し復旧へ
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス
中国で脆弱性を発見する国際コンテスト - 11製品で脆弱性が明らかに
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ