Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSSのマルウェア外部通信に対する自動遮断機能を強化 - NTTコム

NTTコミュニケーションズは、日米のセキュリティ企業3社のセキュリティ機器と連携することで、同社セキュリティサービスのマルウェア通信遮断機能を強化した。

同社が提供する「WideAngleマネージドセキュリティサービス リアルタイムマルウェア検知」において、あらたにパロアルトネットワークス、ブルーコートシステムズ、およびデジタルアーツのセキュリティ機器との連携を導入したもの。オプションサービスとして提供する。

マルウェアの侵入検知やマルウェアの外部通信の自動遮断などの機能を強化したほか、ブルーコートのプロキシサーバや、デジタルアーツのウェブフィルタリング製品との連携に対応した。

また自動遮断と並行して、外部の通信先を分析なども実施。攻撃者と判定された場合は完全遮断、問題がなければ遮断解除を行うという。

(Security NEXT - 2015/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも
休校措置でネット利用増の教育機関にセキュ学習を無償提供
100以上の項目で標的型攻撃対策を評価する診断サービス
偽メール対策製品の対応プラットフォームを拡大 - Darktrace
ESETの脅威情報サービスを提供 - キヤノンMJ
国内着弾標的型攻撃の解析情報をYARAルールで - マクニカネット
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU