Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

岡山放送に不正アクセス、視聴者の電話番号など流出

岡山放送(OHK)のウェブサイトが不正アクセスを受け、視聴者126人の電話番号とメールアドレスが流出したことがわかった。

同社によれば、同社サイト内で保有している一部データが流出していることが判明したもの。7月3日に外部から指摘を受け、調査を行ったところ被害に気が付いたという。流出データの中には、視聴者のものと思われる電話番号とメールアドレス126件が含まれていた。

同社では対象となる視聴者に事情を説明。サイバー攻撃対策を強化して再発防止に備えるとしている。

(Security NEXT - 2015/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会員管理システムにサイバー攻撃、情報流出の可能性 - 日本栄養士連盟
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
関連機関サイトに不正アクセス、CMSに不正プラグイン - 富山県立大
LEDライト通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
教員アカウントに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 創価大
ワコムのネットショップで個人情報流出の可能性 - クレカ情報の窃取も
コスメ通販サイトに不正アクセス - 旧システムで被害
個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
庁内システムに職員が不正アクセス、ポエムなど書き込み - 郡山市