Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法学部サイトに不正アクセス、CMSの脆弱性突かれる - 福岡大

福岡大学のウェブサイトが不正アクセスを受け、コンテンツ管理用のIDとパスワードが流出した。サイト改ざんは確認されていないという。

同大法学部のウェブサイトが不正アクセスを受けたもので、7月13日に外部からの指摘により判明した。

委託先が管理する情報公開用のサーバにおいて、コンテンツマネジメントシステムの脆弱性が突かれたもので、コンテンツ管理用のIDとハッシュ化されたパスワードが流出したという。

同大学ではサイトを停止。改ざんは確認されていないが、マルウェアの配布などに利用されていないか調査を進めている。サーバ内には個人情報が保存されているが、いずれも公開情報だった。

(Security NEXT - 2015/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
建築家向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
クラウドに不正アクセス、取引先情報の流出を確認 - 三菱電機
公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ