Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法学部サイトに不正アクセス、CMSの脆弱性突かれる - 福岡大

福岡大学のウェブサイトが不正アクセスを受け、コンテンツ管理用のIDとパスワードが流出した。サイト改ざんは確認されていないという。

同大法学部のウェブサイトが不正アクセスを受けたもので、7月13日に外部からの指摘により判明した。

委託先が管理する情報公開用のサーバにおいて、コンテンツマネジメントシステムの脆弱性が突かれたもので、コンテンツ管理用のIDとハッシュ化されたパスワードが流出したという。

同大学ではサイトを停止。改ざんは確認されていないが、マルウェアの配布などに利用されていないか調査を進めている。サーバ内には個人情報が保存されているが、いずれも公開情報だった。

(Security NEXT - 2015/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア
ベトナム拠点経由で攻撃、複数子会社とともにランサム被害 - タカミヤ
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 石油販売会社
通販サイトでクレカ情報流出、リニューアル前に判明 - 化粧品会社
富士通のネット回線サービスで不正通信 - クラウドやMSSなどにも影響
市立45校のサイト更新用アカウントが改ざん被害 - つくば市
「ショップチャンネル」で不正ログイン注文 - 「後払い」を悪用
メールサーバ管理者アカウントに不正アクセス - 彩の国さいたま人づくり広域連合
医療従事者向け求人サイトにサイバー攻撃 - 個人情報が流出
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も