Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドメイン登録管理サービス装うフィッシング攻撃が発生 - JPRSが注意喚起

日本レジストリサービス(JPRS)のドメイン名登録管理サービス「JPDirect」を装うフィッシング攻撃が確認された。JPRSでは誤って情報を送信しないよう注意を呼びかけている。

問題のフィッシングメールでは、「アカウントが長く使われていなかった」などと説明。アカウントが「無効化」や「消去」の対象となっているなどと不安を煽り、偽サイトへ誘導してドメイン名とパスワードを窃取を詐取する。フィッシングメールには、問い合わせ先の電話番号なども記載されているが、実際とは異なる電話番号だった。

同社では、フィッシングサイトで誤ってアカウント情報を送信しないよう注意を喚起するとともに、類似したフィッシング攻撃を見かけた場合は、サポート窓口へ連絡を取るよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「OCカード」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
「ETCのアカウントを停止した」と不安を煽るフィッシング
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増