Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リコー、個人番号の収集を行う複合機用アプリを無償提供

リコージャパンは、複合機用アプリケーション「マイナンバー申請ツール」の無償提供を、8月下旬より開始する。

同製品は、複合機によるマイナンバーの収集が可能となるソフトウェア。社員番号をQRコードで印字した従業員ごとの専用申請用紙を複合機から印刷し、従業員が個人番号を記入。管理者が確認したうえで、複合機のスキャンにより申請する。

対象機器はRICOH MP C8002/C6502/C6003/C5503/C4503/C3503/C3003/C2503/C1803の各シリーズ。ツールは無料で利用できるが、設置指導料金が別途必要になる。

(Security NEXT - 2015/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバーカードの住所更新でミス、廃止状態に - 大阪市
新潟県で偽国勢調査員による「かたり調査」が発生
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
マイナンバーカード紛失、誤廃棄か - 摂津市
マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
「e-Tax受付システム」利用者向けのChrome拡張機能に脆弱性
マイナンバーカード、「いつものパスワード使う」との声も