Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、Mac OS Xの脆弱性77件を修正

Appleは、セキュリティアップデート「OS X Yosemite v10.10.4」「Security Update 2015-005」を公開した。あわせて77件の脆弱性を修正している。

今回のアップデートでは、カーネルに含まれる複数の脆弱性をはじめ、画像処理やTLS接続、メールなどあわせて77件の脆弱性を修正した。

ファームウェアを上書きされる「EFIファームウェア」の脆弱性「CVE-2015-3692」や、「OpenSSL」における脆弱性の修正なども含まれる。

また上記以外にも同アップデートには、「Safari 8.0.7」を含んでおり、4件の脆弱性が解消されている。

(Security NEXT - 2015/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働