Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、初期化しても復旧できない深刻な脆弱性に対処

Macの「EFIファームウェア」に、深刻な脆弱性が見つかった問題で、Appleは脆弱性を修正するアップデートを提供開始した。

問題の脆弱性は、ファームウェアを上書きされることにより、OSを再インストールしても復旧できず、以降は管理者権限を奪われた状態になる脆弱性「CVE-2015-3692」。

同脆弱性が悪用されると、サスペンド状態からの復帰時にファームウェアが書き換えられ、以降は管理者権限が奪われた状態となる。今回のアップデートでは、メモリ破壊が発生する「CVE-2015-3693」とあわせて修正を行った。

Appleでは、同脆弱性に対して「Yosemite」向けに、他脆弱性とともに修正を行う「OS X Yosemite 10.10.4」を提供。また「Mavericks」へ「Security Update 2015-005」を用意した。

さらに「Mountain Lion」「Mavericks」の利用者に対して「Mac EFI Security Update 2015-001」を提供している。

(Security NEXT - 2015/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明