Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、WAFの管理運用サービスを開始 - カスタムシグネチャも

ラックは、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)を活用した「JSOC WAF運用管理サービス」を7月1日より提供開始する。

同サービスは、WAFの導入から管理、運用までを、同社のセキュリティ監視センター「JSOC」が代行するもの。導入時のポリシー設計、導入後の適切な運用など、同社のノウハウをもとに提供。カスタムシグネチャ「JSIG」によりゼロデイの脆弱性などへも対応する。

WAFは、Imperva製の「Imperva SecureSphere Web Application Firewall」に対応。導入前にウェブサイトの脆弱性診断を行い、防御のためのポリシーを設計する。

(Security NEXT - 2015/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス
WAFの導入や運用を支援するサービス - JP-Secure
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応