Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

九州歯科大のPCにマルウェア - 警察からの指摘で判明

九州歯科大学のパソコンが、マルウェアに感染していたことがわかった。情報の外部流出などは確認されていないという。

同大学によれば、6月11日に警察からの情報提供があり、パソコン1台がマルウェアに感染していたことが判明したという。現時点で個人情報の外部流出などは確認されていないが、詳しい調査を進めている。

また情報流出を口実にした詐欺の発生が懸念されるとして、同大学では注意を呼びかけた。電話やメールで個人情報を聞き出したり、金銭の振込みを要求することは絶対にないとして注意するよう求めている。

(Security NEXT - 2015/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
活動再開の「Emotet」、1日あたり約十万件の攻撃メールを配信
個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
ESET新版、Intel TDT対応でランサム対策を強化
漁協直売店で「なりすましメール」 - 8月の「Emotet」感染が原因か
米子会社に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 東京化成工業
国境超えた仲間とセキュリティを学ぶ「GCC 2023シンガポール」 - 参加者募集がスタート