Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CMS「Drupal」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「Drupal」に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートの提供が開始されている。

リモートより管理者アカウントの乗っ取りすることが可能となる「OpenIDモジュール」実装上の深刻な脆弱性「CVE-2015-3234」や、オープンリダイレクトの脆弱性「CVE-2015-3232」「CVE-2015-3233」、情報漏洩の脆弱性「CVE-2015-3231」など、4件の脆弱性が判明したもの。

開発者グループは、脆弱性を修正した「Drupal core 7.38」「Drupal core 6.36」の提供を開始しており、アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware ESXi」や「VMware vCenter Server」に脆弱性 - アップデートが公開
バッファローの複数Wi-Fi関連製品に脆弱性 - ファームウェアの更新を
「Oracle Fusion Middleware」の既知脆弱性に対する攻撃が発生
Proofpoint製品にメール経由で攻撃可能となる深刻な脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe7製品にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性などに対処
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 移行急がれる「同2017」
Adobe、複数製品向けにアップデート - CVSS基本値「10」の脆弱性も
深層学習プラットフォーム「PaddlePaddle」に深刻な脆弱性