Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

基本機能を無償で利用できるクラウド型ログ解析サービス

セキュアヴェイルは、ログを統合管理して解析できるクラウドサービス「NetStare Suite(NSS)」の提供を開始した。

同サービスは、ファイアウォールやUTMをはじめとするセキュリティ機器や、ネットワーク、システムのログを集中管理できるソリューション。

多角的に分析を行って問題をリアルタイムに抽出。将来的に予測される傾向についても通知する。基本的なサービスについては無償で提供するとしている。

具体的には、ログの収集をはじめ、pingによる死活、経路、リソース、TCPポートなどに対する監視が可能。監視状況を確認できるダッシュボードや警告機能、ログのダウンロードなどのほか、機器ごとにリソース情報を天気予報形式で表示する「リソース予報」を用意している。

今後は、機器の評価を行う「デバイス評価」機能や他社のログ管理ソフトや監視ソフトで収集したログの取り込み機能を追加する予定。

(Security NEXT - 2015/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性診断の利用者向けに「サイトシール」を提供 - GMO
インフラ事業者対象に脆弱性や情報漏洩のチェックサービス
「bingo!CMS」に脆弱性、至急更新を - すでに悪用も
米政府、中国関与のサイバー攻撃者が悪用する脆弱性のリストを公開 - 国内製品も
Citrix、脆弱性問題で無償の侵害調査ツール公開 - FireEyeと共同開発
SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応
SAJ、サイバーセキュリティボランティア制度を創設 - 人材不足の公益団体を無償支援
JPCERT/CC、「EmoCheck v2.3」を公開 - 「Emotet」検出方法を拡充
進化する「Emotet」に対応した感染チェックツール最新版を公開 - JPCERT/CC
未感染者にも及ぶ「Emotet」被害 - なりすまされ、約10万件のメール