Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2015年1Qはネットバンク利用者狙うマルウェアの脅威が1.5倍に

2015年第1四半期は、前年同期と比較してオンラインバンキングの利用者を狙うマルウェアの検出数が大幅に増加した。標的型攻撃も広がりを見せている。

トレンドマイクロが国内および海外における動向を取りまとめたもの。同四半期は、オンラインバンキングを狙った攻撃による被害が引き続き多数確認した。

標的となる金融機関が拡大していることにくわえ、海外で先行して発生している新しい攻撃手法が国内にも広がり、オンラインバンキングに関連したマルウェアの検出数が前年同期の5600件から約1.5倍にあたる8300件へと拡大した。不正ツールは、スパムや不正広告によって拡散しているという。

またフィッシング詐欺の増加傾向も同社では検知している。同四半期にフィッシングサイトへ誘導された端末は、IPアドレスベースで76万7000件。前年同期の27万4000件から2.8倍へと拡大。アクセスされたフィッシングサイトの種類を見ると、「ネットショッピング」が44%で最多。「オンラインゲーム(29%)」「Apple関連(12%)」「検索エンジン、ポータル(11%)」と続く。

企業の情報を狙った標的型攻撃は、2015年に入ってさらに広がりを見せている。公表された事例は同四半期で8件にのぼり、2014年に公表された6件をすでに上回っている。

(Security NEXT - 2015/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
不正送金、前四半期の3分の1に - 被害額は7分の1以下
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」