Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パブリッククラウド利用者17%に被害経験 - 標的型攻撃など

パブリッククラウド利用者の17.3%がセキュリティ被害の経験があるとの調査結果が明らかとなった。具体的な内容としては、「標的型攻撃」「アカウント情報流出」がそれぞれ6割を超えたという。

アイレットのクラウド総研が、3月から4月にかけて組織のICTに関わる次長クラス以上の1000人を対象に、インターネット上でアンケート調査を実施したもの。

自社でパブリッククラウドサービスを利用していると回答した365人の中で、クラウド上でセキュリティ被害を受けたことがあると回答したのは17.3%(63人)。そのうち6割が「標的型攻撃」「アカウント情報の流出」を経験していたという。「機密漏洩」「スパム配信」「ページやファイルの改ざん」なども3割から4割にのぼる。

クラウドのセキュリティ対策の費用が運用コストに占める割合を聞いたところ、10%以下が53.2%で半数を占める。11から20%が23.3%で、2割以下が76.5%にのぼる。

実施しているセキュリティ対策は、「ウイルス対策(75.3%)」「不正アクセス防止(61.6%)」「ログ管理(60%)」「侵入検知(56.7%)」「脆弱性対策(56.4%)」などが多かった。

(Security NEXT - 2015/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
2020年1Qセキュ相談、4.8%減 - 「不正ログイン」などの相談は増加
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
クラウド設定のテンプレ、設定ミスがクラウド環境全体のリスクに