Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

POSや制御システムを狙った攻撃が増加

2014年はPOSや制御システムを狙った攻撃が増加傾向にあるとの調査をデル・ソフトウェアが取りまとめた。情報共有が進んでおらず、今後機械の老朽化などとともに問題が表面化するおそれもある。

同社が2014年の脅威状況をまとめたもの。同レポートは、200カ国以上に設置された100万個超のセキュリティセンサーや、脅威センターのハニーポットなどから収集したデータや、ユーザーからのフィードバックを分析、まとめている。

2014年は、POSを攻撃するマルウェアが増加。同社が2013年に提供した定義ファイルは3件だったが、2014年は13件に増加した。またPOSを狙うマルウェアは、RAMからクレジットカード情報を盗み出す「メモリスクラッピング」や、ファイアウォールの検知を回避する目的の暗号化など、手法も進化しているという。

(Security NEXT - 2015/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
QNAP製NASのアプリに深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新