Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報記載の書類、送付先の保育所を取り違え - 大阪市

大阪市は、保育所宛ての書類を誤送付し、児童の個人情報88件が漏洩したと公表した。

こども青少年局が「支弁額内訳計算書」と「個人別明細書」を送付した際、2件の保育所のものを取り違えて送付したもの。4月27日9時ごろ、受け取った保育所から連絡があり判明した。

判明後、両保育所を訪問し説明と謝罪を行い、誤送付した書類を回収。支弁額内訳計算書に個人情報の掲載はないが、個人別明細書には児童の氏名や生年月日、入所年月日、保育必要量など88人分の個人情報が含まれる。

対象となる児童の保護者には、保育所を通じて説明と謝罪の書面を配布した。

(Security NEXT - 2015/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
保護者の個人情報を私的利用、教員を懲戒処分 - 宮城県
保育所待機者の個人情報をサイトに誤掲載 - 茅ヶ崎市
相談依頼メールを個人スマホから誤送信 - 糸満市教委
小学校で転入児童に関する文書を紛失 - 江戸川区
異なる認定こども園へ書類を誤送付 - 大阪府
民生委員が書類紛失、自転車のカゴからなくなる - 三重県
卒業証明に利用する台帳が所在不明 - 横浜市の小学校
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市