Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WPの人気キャッシュプラグインに脆弱性 - 早急に更新を

コンテンツマネージメントシステム(CMS)のWordPress向けのプラグイン「WP Super Cache」に脆弱性が含まれていることがわかった。修正版が公開されている。

「WP Super Cache」は、WordPressにおいてキャッシュ機能を追加するプラグイン。「同1.4.2」以前のバージョンにクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が存在するもので、セキュリティベンダーのSucuriが報告した。脆弱性が悪用されると閲覧者のブラウザ上でスクリプトを実行されるおそれがある。

今回の脆弱性は、当初「同1.4.3」で修正されたが、問題が見つかったとしてあらたに「同1.4.4」がリリースされている。Sucuriではできるだけ早くアップデートを実施するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Go」のWASMにバッファオーバーフローのおそれ
Apple、「macOS」や「iOS」の脆弱性を修正 - 詳細は近日公開
複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ
法人向けエンドポイント製品にサービス拒否の脆弱性 - トレンド
脆弱性を修正した「PHP 7.4.25」がリリース
オープンソースのフォーラムソフト「Discourse」に深刻な脆弱性
「PHP 8.0.12」がリリース、権限昇格の脆弱性など修正
「VMware vRealize Operations Tenant App」に情報漏洩の脆弱性
「Movable Type 4」以降に深刻な脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
Oracle、定例パッチで脆弱性のべ419件に対処 - 対象製品の利用状況確認を