Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大塚商会、スイッチ機器の中小企業向け運用代行サービス

大塚商会は、スイッチ機器の設置から運用、監視を代行する中小企業向けサービス「たよれーる らくらくスイッチ」を4月3日より提供開始する。

同サービスは、シスコシステムズ製スイッチ製品の設置から初期設定、運用、設定変更、24時間体制の稼働監視、障害発生時の復旧といった作業を同社が代行するもの。

組織ネットワークにおける端末の接続を管理。未認証端末の接続を防止するほか、部署ごとにトラフィックを分割するといった運用を支援する。トラブル発生時にはリモートより診断を行い、アドバイスやサポートを提供する。

基本パックの価格は、8ポートモデルの場合、初期費用22万6800円。月額料金3024円。24ポートモデルでは、初期費用48万9240円で月額料金は4104円。

(Security NEXT - 2015/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
ラックとMIND、「マネージドEDRサービス」の提供で協業
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能