Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公民館講座の講師個人情報をサイトに誤掲載 - 熊本市

熊本市は、公民館で実施する講座案内に、講師の個人情報を含むファイルを誤って添付し、ウェブサイトで公開していたことを明らかにした。

2月6日、同市の公民館担当者が公民館ウェブサイトの内容を入力する際、別の担当者から受け取った「自主講座募集内容一覧」のファイルを添付。同ファイルには、全49講座分の講師43人の氏名や住所、電話番号、生年月日などが含まれていたが、確認していなかったという。

ウェブサイトは同月18日に更新し、個人情報が含まれた状態で公開された。3月14日に別の職員が気付き、同日中に公開を停止。16日に個人情報を削除して再度公開した。同市では対象となる講師に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2015/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で学校説明会の申込者情報が閲覧可能に - 宮城県
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
メルマガ本文に別人の個人情報を誤記載 - 名鉄観光バス
イベント応募者情報を誤送信、フォーム設定が未更新で - 東京都建設局
特定日の戸籍証明書交付申請書が所在不明に - 枚方市
富士通クラウドサービスへの攻撃 - 侵入の痕跡見つかる
会員サービスで個人情報を誤表示、原因はアップデートによるエラー - H&M
スニーカーフリマアプリで個人情報275万件が流出か
NPO法人職員の個人情報を内閣府サイト上で誤公開 - 奈良県
追加調査で文書保存箱の紛失や誤廃棄が判明、あわせて5箱に - 静岡市