Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

著名な正規表現ライブラリに深刻な脆弱性

Henry Spencer氏が開発した正規表現ライブラリにバッファオーバーフローの脆弱性が含まれていることが判明した。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

32bit版オペレーティングシステムで、同ライブラリを利用した場合に脆弱性の影響を受けるもの。バッファオーバーフローが発生し、最悪の場合、任意のコードを実行されるおそれがあるという。

ライブラリは広く使用されており、派生したライブラリもある。すでに「Debian GNU/Linux」「FreeBSD」など一部製品が影響を受けることがわかっているが、影響の範囲はわかっていない。

セキュリティ機関ではベンダーのアナウンスに注意し、必要に応じて対策を講じるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
「LibTIFF」に脆弱性、悪用コードが公開済み - パッチの適用を
「Apache MINA SSHD」に脆弱性 - アップデートがリリース
「Movable Type」に複数の脆弱性 - アップデートで修正