Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバーセキュリティ戦略本部が初会合

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、サイバーセキュリティ戦略本部の第1回会合を2月10日に開催した。

同会議は、2014年11月に成立、2015年1月に施行されたサイバーセキュリティ基本法に基づき、内閣官房長官を本部長として設置されたもの。

発足後初となる今回の会合では、同本部の運営に関する規程や、情報セキュリティ政策会議から同本部へ従来の決定や検討事項などが引き継ぐとし、同会議の「サイバーセキュリティ戦略」に基づく2014年度の政策について結果評価を取りまとめるため、「平成26年度サイバーセキュリティ政策の評価等の実施方針」を決定した。

さらに重大インシデントへの対応や、施策の評価が行えるよう、「サイバーセキュリティ戦略本部重大事象施策評価規則」「サイバーセキュリティ戦略本部資料提供等規則」をあわせて決定。

またセキュリティ機関である情報処理推進機構(IPA)やJPCERTコーディネーションセンターといった関係機関とのあらたな協力体制の構築を進めており、会合で報告が行われた。

(Security NEXT - 2015/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

会員管理システムにサイバー攻撃、情報流出の可能性 - 日本栄養士連盟
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
関連機関サイトに不正アクセス、CMSに不正プラグイン - 富山県立大
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
サーバにサイバー攻撃 - 山形県の農業機器メーカー
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
複数サーバにサイバー攻撃 - 施設設備の施工会社
NCA、CSIRTが集う年次イベントを開催 - 非加盟でもオンライン参加可能