Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EMC、IDやアクセス権限管理を実現するアプライアンス

EMCジャパンは、IDのライフサイクルを管理できるソフトウェアアプライアンス「RSA Identity Management&Governance」を提供開始した。

同製品は、クラウドやアプリケーションなどで利用するIDやアクセス権限を管理するツール。2013年に買収したAveksaの製品をベースとしている。

アクセス権限情報を自動的に収集することができ、部署や役職、業務、権限などの情報を照合。確認依頼を責任者へ自動的に送信する。またアクセス権限のポリシーに適合していない場合にも通知を行い、改善を促すことが可能。

1万2000人ユーザーで基本的な構成により利用した場合の価格は、約4104万円から。同社は、今後2年間に100万人ユーザーへの導入を目標に製品を展開していく。

(Security NEXT - 2015/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個情委、自治体などのマイナンバー取扱状況を調査 - HDD廃棄や委託なども
複数職員が住基システムでコロナ患者情報を業務外閲覧 - 横手市
「Salesforce DX」のCLIで作成したURL、誰でも管理画面へアクセス可能に
VPN製品「SonicWall SMA100シリーズ」に深刻な脆弱性 - 早急に更新を
「Azure Cosmos DB」に深刻な脆弱性 - 利用者はリスク軽減を
MS、「PrintNightmare」に追加パッチを準備中 - LPEで別のCVE番号を採番
「PrintNightmare」パッチ適用後もリモートから攻撃可能 - 研究者が投稿
米政府、「PrintNightmare」で緊急指令 - 複数攻撃者が悪用
JPCERT/CC、ゼロデイ脆弱性「PrintNightmare」に注意喚起 - 詳細解説や実証コードが流通
「Aruba ClearPass Policy Manager」に13件の脆弱性 - アップデートが公開