Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EMC、IDやアクセス権限管理を実現するアプライアンス

EMCジャパンは、IDのライフサイクルを管理できるソフトウェアアプライアンス「RSA Identity Management&Governance」を提供開始した。

同製品は、クラウドやアプリケーションなどで利用するIDやアクセス権限を管理するツール。2013年に買収したAveksaの製品をベースとしている。

アクセス権限情報を自動的に収集することができ、部署や役職、業務、権限などの情報を照合。確認依頼を責任者へ自動的に送信する。またアクセス権限のポリシーに適合していない場合にも通知を行い、改善を促すことが可能。

1万2000人ユーザーで基本的な構成により利用した場合の価格は、約4104万円から。同社は、今後2年間に100万人ユーザーへの導入を目標に製品を展開していく。

(Security NEXT - 2015/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
PayPayで加盟店情報など最大約2008万件が流出の可能性 - アクセス権限の設定不備で
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
VMware、「VMware ESXi」などにアップデートを公開
Ameba広告システムに不正アクセス - 内部データが公開状態に
ウェブ実行環境を分離するクラウドサービス - プルーフポイント
ソフトバンク元従業員が業務文書の持ち出しで逮捕