Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINE、決済サービスに不正利用損害を補償する制度

LINEは、無料チャットアプリ「LINE」のモバイル送金、決済サービス「LINE Pay」において、第三者の不正利用により生じた損害を補償する利用者補償制度を導入した。

LINE Payは、LINEを通じてユーザー間の送金や提携店舗での決済が行えるサービス。今回、利用者を保護するあらたな取り組みとして、第三者の不正利用で受けた損害を補償する制度を導入した。同サービスの展開にあたっては、損害保険ジャパン日本興亜と契約を結んだという。

適用対象となる不正利用の範囲は、端末の盗難や紛失によって不正ログインされ、送金された場合をはじめ、アカウントを不正に入手した第三者が送金した場合、不正ログインされたアカウントから知り合いなどに送金依頼が送信され、金銭移動が行われた場合などが含まれる。ただし、故意やログイン情報を他人に教えた場合など、重過失がある場合は適用外。

補償の対象はLINE Payの全ユーザーで、別途申し込みや費用は不要。不正利用による損害が発生した場合、発生から30日以内に報告フォームから申告する必要がある。

補償限度額は、本人確認書類を行っていないユーザーは10万円。本人確認を行ったユーザーは、利用状況や警察による捜査結果を踏まえ、限度額の引き上げを個別に検討する方針。

(Security NEXT - 2015/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正送金被害が大幅減 - 被害額は前四半期の半数以下に
2020年2Q、不正送金被害額が約1.7倍に拡大
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
キャッシュレス決済連携でガイドライン - 全銀協
「ドコモ口座」の不正チャージ被害、ひとまず補償を完了
「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了
ゆうちょ銀、210件4940万円を補償 - 173件は本人や家族利用として対象外に
ゆうちょ銀「mijicaサイト」で不正ログインか - 一部で機械的な画面遷移
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を