Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、ゼロデイ脆弱性を修正したFlash Playerを自動更新で先行提供

Adobe Systemsは、Adobe Flash Playerに深刻な脆弱性「CVE-2015-0313」が発見された問題で、自動更新の利用者に対して修正版となる「同16.0.0.305」の提供を開始した。

今回明らかとなった脆弱性「CVE-2015-0313」は、悪用されるとシステムがクラッシュし、制御を奪われるおそれがある。すでに広告を悪用したドライブバイダウンロード攻撃が行われている。

影響を受けるのは、WindowsやMac OS向けに提供されている「同16.0.0.296」および「同13.0.0.264」。以前のバージョンも影響を受ける。

同社は、2月2日の週にアップデートを提供開始するとしていたが、デスクトップの自動更新機能を通じて、脆弱性を修正した「同16.0.0.305」の提供を米国時間2月4日より開始した。

また同社は、手動ダウンロードについても、米国時間2月5日に提供する予定。またInternet ExplorerやChromeの同梱版についてもアップデートを実施する予定。

(Security NEXT - 2015/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMware複数製品の脆弱性、ロシア攻撃グループが悪用か - 米政府主張
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
「Microsoft Edge」にアップデート - ゼロデイ脆弱性に対処
「macOS High Sierra」「Mojave」向けにアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
「Chrome」に2件のゼロデイ脆弱性 - 緊急更新を実施
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
VPN認証情報漏洩に見る脆弱性対策を浸透させる難しさ