Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SST、九州地域のセキュリティ勉強会を支援

セキュアスカイ・テクノロジー(SST)は、九州地域を拠点に活動するセキュリティコミュニティへの支援活動を開始した。

人材育成支援の一環として、同社の福岡ラボを通じ、勉強会などを開催しているコミュニティに対し、支援を実施するもの。活動支援補助金の提供や、学生向けの情報セキュリティ人材育成、キャリアパス支援のイベントなどを予定している。

対象となるのは、セキュリティとんこつ「ばりかた勉強会」、北九州情報セキュリティ勉強会「セキュ鉄」、熊本情報セキュリティ勉強会「セキュリティさくら」。

(Security NEXT - 2015/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
IPA、サイト脆弱性対策ガイドを改訂 - 一見問題なくとも脆弱性対策を
大学生応援飲食券のアンケートメールで誤送信 - 美浜町
福岡県の水産支援システムがスパム踏み台に - 1日あたり約20万件
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
セキュ産業創出する人材育成目指した「SecHack365」 - 受講生募集が開始