Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SST、九州地域のセキュリティ勉強会を支援

セキュアスカイ・テクノロジー(SST)は、九州地域を拠点に活動するセキュリティコミュニティへの支援活動を開始した。

人材育成支援の一環として、同社の福岡ラボを通じ、勉強会などを開催しているコミュニティに対し、支援を実施するもの。活動支援補助金の提供や、学生向けの情報セキュリティ人材育成、キャリアパス支援のイベントなどを予定している。

対象となるのは、セキュリティとんこつ「ばりかた勉強会」、北九州情報セキュリティ勉強会「セキュ鉄」、熊本情報セキュリティ勉強会「セキュリティさくら」。

(Security NEXT - 2015/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
転送ミスで支援センター利用者のメールアドレスなど流出 - 西東京商工会
委託先が研修案内メールを誤送信、メアド流出 - 鳥取県
建設コンサルのランサム被害 - あらたに2県が事態公表
業務支援ソフト「Confluence」の深刻な脆弱性 - 国内でも探索行為を観測
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
Atlassian「Confluence」のRCE脆弱性 - 悪用確認、早急に対処を
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も