Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTソフト、クラウド利用を支援する機密情報のトークン化製品

NTTソフトウェアは、機密情報のトークナイゼーションにより保護する「TrustBind/Tokenization」を4月1日より提供開始する。

同製品は、個人情報などの機密情報をトークンに置き換え、実データではなくトークン化したデータによる処理に置き換えることで元となる情報を保護するセキュリティソリューション。クラウド活用の推進を支援するセキュリティ対策製品「TrustBind」シリーズのラインナップとして提供する。

トークンと元データとの関連性を組織内のデータベースで管理することで、クラウドにおける機密情報の取り扱いを可能とし、トークンのままセールスフォースの既存機能で検索できる。また「TrustBind/Secure Gateway」との連携により、クラウドサービスへのアクセスログを収集することが可能。

利用料は1ユーザーあたり月額1080円。「TrustBind/Secure Gateway」の導入費用や月額料金が別途必要となる。

(Security NEXT - 2015/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「スタディサプリ」に不具合 - 他利用者としてアクセス可能に
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ
アクセス管理「keycloak」のトークン交換機能に脆弱性 - 権限昇格のおそれ
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
「Magnitude Simba」のODBCドライバなどに脆弱性
米政府、北朝鮮関連グループの攻撃に注意喚起 - 標的は暗号通貨やNFT関連
メタップスP、クレカ情報など最大約46万件が流出か - 不正ログインやSQLi攻撃で
ECサイト向けクレカ決済サービスに不正アクセス - メタップスP