Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リスト作成ミスで源泉徴収票を誤送信 - ヒューマンリソシア

労働者派遣事業などを手がけるヒューマンリソシアにおいて、源泉徴収票7543件を誤送付する事故が発生した。リストの作成ミスが原因だという。

同社が2014年の給与支払者へ源泉徴収票を送付する際、誤って本来の送付先とは関係ない別の送付先に誤送付したもので、スタッフからの指摘で問題が判明した。少なくとも7543件を誤送付したという。

送付で利用するリストを外部委託先が作成した際、作業のミスにより氏名と住所の組み合わせが異なる状態となり、誤送付が発生した。

同社では、くわしい経緯や原因について調査を進めている。また郵便局への配達の差し止め手続きを取ったほか、関係者に事情の説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2015/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託事業者が受給者証交付者リストを別の医療機関に誤送付 - 大阪市
セミナー開催の案内メールで誤送信 - 川崎市産業振興財団
小学校と中学校で個人情報の紛失が判明 - 尼崎市
介護保険の高額合算療養費申請書約2500件を紛失 - 横浜市
記者会見参加応募者の個人情報をメールで誤送信 - 太秦映画村
教員や学生宛てのメールで個人情報含むファイルを誤添付 - 山口大
従業員が退職時に顧客情報を持出、転職先で使用 - プルデンシャル生命
特別支援学校で生徒の個人情報含む書類が所在不明 - 埼玉県
送信した表計算ファイルの非表示部分に無関係の個人情報 - 朝日新聞
FAX送信先の確認に使用した医療機関リストを誤送信 - 大阪府