Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リスト作成ミスで源泉徴収票を誤送信 - ヒューマンリソシア

労働者派遣事業などを手がけるヒューマンリソシアにおいて、源泉徴収票7543件を誤送付する事故が発生した。リストの作成ミスが原因だという。

同社が2014年の給与支払者へ源泉徴収票を送付する際、誤って本来の送付先とは関係ない別の送付先に誤送付したもので、スタッフからの指摘で問題が判明した。少なくとも7543件を誤送付したという。

送付で利用するリストを外部委託先が作成した際、作業のミスにより氏名と住所の組み合わせが異なる状態となり、誤送付が発生した。

同社では、くわしい経緯や原因について調査を進めている。また郵便局への配達の差し止め手続きを取ったほか、関係者に事情の説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2015/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
松井証券で顧客資産約2億円が不正引出 - 長年業務に携わる委託先SEが権限悪用
編集プロのメルマガに登録者メアド - 操作ミスで
コロナ患者の個人情報が風に飛ばされ紛失 - 神奈川県
ファイル取り違え、ワクチン接種予定者リストを誤送信 - 埼玉県
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
新型コロナ陽性患者リストを誤配送 - 神奈川県
新型コロナウイルス患者の氏名をサイトに誤掲載 - 埼玉県