Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、複数対策エンジンを搭載した法人向けモバイル製品

カスペルスキーは、法人向けモバイルセキュリティ対策製品「Kaspersky Security for Mobile」を提供開始した。

同製品は、モバイル端末向けにセキュリティ対策機能を提供するもの。これまで提供していたスマートフォン向けセキュリティ対策製品「Kaspersky Endpoint Security for Smartphone」の後継製品にあたる。

Androidの搭載端末では、定義ファイルやヒューリスティック、クラウドなど、複数のエンジンを活用したマルウェア対策を提供。不正サイトへのアクセス制御や紛失対策、アプリの動作制御、root化端末の検知といった機能を提供する。

iOS向けには、不正サイトブロックとジェイルブレイクの検知を提供する。価格は、10クライアントの最小構成で6万9984円。

(Security NEXT - 2014/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
顔認証決済の自販機を実証実験 - ダイドードリンコ
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
テレワーク利用者向けにSaaS型認証サービス - パスロジ
日本ユニシスとソフトバンク、セキュリティ新会社を設立
スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
セキュリティeラーニングをテレワーク支援で割引 - ラック
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験