Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

子育て支援事業の委託職員が訪問先リストを紛失 - 横浜市

横浜市鶴見区は、子育て支援事業における保護者の訪問活動を委託している職員が、個人情報13件含む訪問先リストを紛失したと発表した。

同市によれば、訪問員が12月8日の訪問時に紛失したもの。1件目の訪問を終えて、2件目の訪問先を確認しようとしたところ、訪問先リストを紛失していることに気が付いた。1件目の訪問先に向かう途中にリストを使って連絡しており、戻って捜索したが見つからなかった。2件目の訪問終了後も探したが見つからず、警察に紛失届を提出した。

紛失したリストには、11月と12月に訪問予定の13件の保護者氏名、住所、電話番号、および子供の氏名や生年月日、性別、国籍などが記載されていた。同市では、対象となる訪問先の保護者に謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2014/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

北海道銀、副業で従業員2名を懲戒解雇 - 顧客情報の不正利用は否定
宛先リストに誤り、還元ギフトを異なる顧客に送信 - Looop
LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
イベント参加者情報含む名簿を一時紛失 - トヨタツーリスト
宿泊療養予定者リストが退所者の交付書類に混入 - 北海道
従業員メルアカが乗っ取り被害、訓練効果で早期に把握 - EIZO
阪南市でワクチン予約者リストを誤送信 - 当日指摘あるも確認5日後
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
LINEのチケット制ライブサービスで握手会動画が流出 - CDNから取得か
キャンペーン応募者宛のメールに無関係の顧客氏名 - 積水化学工業