Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

子育て支援事業の委託職員が訪問先リストを紛失 - 横浜市

横浜市鶴見区は、子育て支援事業における保護者の訪問活動を委託している職員が、個人情報13件含む訪問先リストを紛失したと発表した。

同市によれば、訪問員が12月8日の訪問時に紛失したもの。1件目の訪問を終えて、2件目の訪問先を確認しようとしたところ、訪問先リストを紛失していることに気が付いた。1件目の訪問先に向かう途中にリストを使って連絡しており、戻って捜索したが見つからなかった。2件目の訪問終了後も探したが見つからず、警察に紛失届を提出した。

紛失したリストには、11月と12月に訪問予定の13件の保護者氏名、住所、電話番号、および子供の氏名や生年月日、性別、国籍などが記載されていた。同市では、対象となる訪問先の保護者に謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2014/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
一部敬老行事対象者リストが所在不明 - 静岡市
調査員が国勢調査の調査世帯一覧を紛失 - 泉南市
顧客のメールアドレスを誤送信 - ノジマオンライン
問い合わせメールを転送ミス、個人情報流出 - 神戸市
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 茨城キリスト教大
通販サイト「ショップチャンネル」にPWリスト攻撃
配食サービスの利用者リスト、突風で紛失 - 東京都港区
患者情報が盗難被害に - 淀川キリスト教病院
自宅作業で県システムのPWをメール、送信先誤る - 佐賀県