Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パナ、新会社「SecuLynx」を設立 - ノウハウ蓄積してIoTへ活用

パナソニックは、企業のネットワークセキュリティに関連する機器やソフトウェアの開発、販売を行う新会社「SecuLynx」を12月1日に設立した。

今回、同社の社内ベンチャーファンド制度「パナソニック・スピンアップ・ファンド」により、セキュリティを取り扱う新会社を設立したもの。

同社では、情報漏洩リスクに対応する製品やサービスを中心に取り扱う予定。当面は、法人や官公庁向けに展開する。将来的には、同社で蓄積したノウハウや技術をインターネット家電分野へ応用していきたい考え。

(Security NEXT - 2014/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「PCI PIN Security」の準拠支援や審査サービス - NRIセキュア
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
「デジタルリテラシー協議会」設立 - スキルフレームワークを公開
自動車産業「Japan Automotive ISAC」が発足
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
NRIセキュア、CTFイベント「NetWars」を2月に開催 - 社会人も参加可
Dell TechnologiesからRSAが独立 - 新会社として活動開始
VPN認証情報漏洩に見る脆弱性対策を浸透させる難しさ
セキュアヴェイル、子会社LogStareを設立
VDOO、CCDSにIoT機器の評価サービスを無償提供