Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報含むUSBメモリを院内で紛失 - 名古屋大病院

名古屋大学医学部付属病院は、患者83人の氏名や疾患名などを記録したUSBメモリの紛失を明らかにした。

紛失したUSBメモリは、症例検討会のために準備したもので、患者83人の氏名や疾患名、主治医、病室名、入退院日のほか、一部の患者ID番号や年齢、性別が記録されていた。

11月10日午後、USBメモリが執務室の保管場所にないことに職員が気付いた。同日朝には保管場所で確認されているという。対象となる患者には、すでに報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2014/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県
実習中の学生が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県大
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道