Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュア、サーバセキュリティ製品にパッチ管理機能を追加

エフセキュアは、クラウド型のサーバセキュリティ対策2製品に、「ソフトウェアアップデータ」機能をあらたに追加した。

機能追加の対象となるのは、Windows Server向けセキュリティ対策製品「エフセキュアプロテクションサービスビジネスサーバ」、「Microsoft Exchange Server」やリモートデスクトップサービス、Citrix XenApp環境向けのセキュリティ対策製品「エフセキュアプロテクションサービスビジネス メールサーバ」の2製品。

今回あらたに「ソフトウェアアップデータ」機能を追加したことにより、管理ポータル上でOSとアプリケーションの脆弱性を修正するパッチの一元管理に対応した。また「プロテクションサービスビジネスメールサーバ」には、「Microsoft SharePoint」の保護機能もあらたに搭載している。

(Security NEXT - 2014/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - 次期更新で修正予定
ビデオ会議サービス「Zoom」のクライアントソフトに脆弱性
Adobe、9製品にアップデート - 3製品に「クリティカル」の脆弱性
「Google Pixel」に2件のゼロデイ脆弱性 - アップデートを
Ivantiのリモートアクセス製品に複数脆弱性 - アップデートが公開
Ivanti、「外部整合性チェックツール」の機能強化版を公開
Linuxカーネルに判明した権限昇格の脆弱性 - 詳細やPoCが公開
「VMware SD-WAN」に複数の脆弱性 - パッチの適用を
WPプラグイン「Network Summary」に深刻な脆弱性 - パッチ未提供