Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高校で裏面に誤って個人情報印字した案内書を送付 - 広島県

広島県教育委員会は、県立高校の教諭が学習会の案内文書を送付した際、生徒の個人情報が漏洩したことを公表した。

11月12日、学習会の担当教諭が受講者確認のための担任用資料を作成した際、学習会の案内を印刷した紙の裏に、受講者48人の氏名や住所、生徒番号などを印刷。そのまま確認せず、誤って発送してしまったもの。

翌13日、案内文を受け取った生徒の保護者から連絡があり、問題が判明した。同校では同日中に対象となる生徒とその保護者に連絡。謝罪するとともに案内文書の回収を依頼した。

(Security NEXT - 2014/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託事業者が受給者証交付者リストを別の医療機関に誤送付 - 大阪市
顧客情報を別の口座振替収納企業へ誤送付 - 西京信金
臨床研究で検査機関に個人情報を誤送付、すでに削除済み - 愛知医科大
組合加入事業所の個人情報を他社へ誤提供 - 土健保
認定農業者に調査票を誤送付、名簿の宛名と住所にずれ - 三重県
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
委託先医療機関が他社の健診結果を誤送付 - ITS健保
看護職員修学資金の書類を異なる宛先に送付 - 静岡県
メールにアンケート回答結果を誤添付して送信 - 富山県
ふるさと納税寄付者の個人情報含む書類を誤送付 - 糸満市