Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、定例外パッチで脆弱性対応 - 標的型攻撃の狙いは「WS 2008 R2」

日本マイクロソフトより、定例外となるセキュリティ更新プログラム「MS14-068」の提供が開始された。ゼロデイ攻撃の対象となったのは、「Windows Server 2008 R2」だったという。

「MS14-068」で修正された脆弱性は、「Microsoft Windows Kerberos KDC」に存在する「CVE-2014-6324」。ドメインコントローラーを利用している場合、特権を持たないドメイン内のユーザーによって、管理者権限を奪われるおそれがある。

「CVE-2014-6324」は、Qualcommのセキュリティチームより非公開で報告された脆弱性だが、限定的ながらも、すでに標的型攻撃への悪用が確認されている。攻撃対象となったのは「Windows Server 2008 R2」。「Windows Server 2012」および「同R2」にも同様の脆弱性が含まれるが、これらを対象とした攻撃は確認されていないとしている。

今回、定例外による緊急対応となったが、米Microsoftでは、同脆弱性の悪用は難しいと説明。対応すべき優先順位としては、攻撃が確認されている「Windows Server 2008 R2」および「Windows Server 2008」が最優先とし、「Windows Server 2012」および「同R2」が続く。

また直接影響を受けるものではないが、ドメインコントローラーを利用しないWindowsに関しても、アップデートを適用するように呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WooCommerce」向けフィルタプラグインにSQLi脆弱性
「Jupyter Server Proxy」にXSS脆弱性 - アップデートにて修正
Phoenix製「UEFI」に脆弱性 - TPM保護を回避されるおそれ
「Rancher」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 独自含む脆弱性6件を修正
東芝テックや沖電気の複合機、脆弱性43件が明らかに
SonicWall製機器の「VPN」などにDoS脆弱性 - アップデートで修正
セキュリティアドバイザリのレーティングを引き上げ - Zoom
「Juniper Secure Analytics」のアップデートで200件以上の脆弱性を解消
Fortraのファイル転送ソリューション「FileCatalyst」に脆弱性