Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、11月の定例パッチは16件 - 深刻度「緊急」5件含む

MSは、月例セキュリティ更新プログラム16件を11月12日に公開する予定だ。現在、「Microsoft OLE」に対するゼロデイ攻撃が確認されており、今回の更新で修正されるか、注目される。

今回提供されるプログラム16件のうち、最大深刻度が4段階中で最も高い「緊急」にレーティングされているのは5件。「Windows」と「Internet Explorer」の脆弱性に対処するもので、そのうち4件はリモートからのコード実行、1件は特権の昇格に悪用されるおそれがある。

深刻度が2番目に高い「重要」は9件で、「Windows」や「Office」「.NET Framework」のほか、「SharePoint Server」「Exchange Server」などサーバソフトウェアの脆弱性を修正する見込み。のこる2件は「警告」レベルで、「Windows」「Office」の脆弱性に対処する。

現状、「Microsoft OLE」に存在する脆弱性「CVE-2014-6352」を狙ったゼロデイ攻撃が確認されており、同社は10月にセキュリティアドバイザリを公開。緩和策として「Fix it」の提供を開始している。同アドバイザリで更新プログラムの準備を進めていることを明らかにしているが、今回の定例アップデートで対応されるか注目される。

(Security NEXT - 2014/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサム被害、SIMカード搭載PCが攻撃起点か - ほくやく・竹山HD
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消
「Microsoft Edge」にアップデート - 脆弱性21件を解消
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
Adobe10製品に脆弱性、CVSS基本値が最高値も
Windows環境の「PHP」脆弱性、ランサムの標的に - 他脆弱性にも注意
Interop Tokyoの「Best of Show Award 2024」が発表