Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WAFやDDoS対策、ウェブ改ざん復旧など提供するクラウドサービス

NTTソフトウェアは、ウェブサイトを保護するクラウド型セキュリティ対策サービス「TrustShelter」を11月4日から提供開始する。

同サービスは、攻撃の遮断や復旧、脆弱性の診断と3種類の対策メニューを用意したウェブサイト用セキュリティ対策サービス。必要に応じて組み合わせて利用できる。

「TrustShelter/WAF」では、ウェブアプリに対する脆弱性攻撃を遮断するウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)サービス。コンテンツデリバリネットワーク(CDN)の機能も提供し、DDoS攻撃にも対応することが可能。

また「TrustShelter/CW」では、サイトの改ざんを監視し、改ざんが発生時に管理者へ通知したり、復旧を行うことが可能。さらに、サイトの脆弱性診断を行い、改善策を提案する診断サービス「TrustShelter/ST」を用意している。

「TrustShelter/WAF」は月額6万4800円から。「TrustShelter/CW」は月額1万5120円から。いずれも最低1年の契約が必要。「TrustShelter/ST」は個別見積もりで対応する。

(Security NEXT - 2014/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
テレワーク環境向けに期間限定の脆弱性診断 - BBSec
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
金融機関ノウハウ活用した不正検知サービス - ACSiON
サイバー保険付帯の中小企業向けヘルプデスクサービス - NTTコム
オンライン本人確認事業で合弁会社検討 - セブン銀とISID
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
東京海上日動、中小企業向け包括保険でサイバーリスクに対応 - 申告書不要